すぐ眠れる睡眠薬は何?

眠りの悩みを抱えている方は多くいらっしゃいます。一日が終わり、疲れているのに眠れないのはとてもつらいですね。。。

眠りの悩みを抱えている方にすぐ眠れる睡眠薬をご紹介します。

眠りの悩みを抱えている方にすぐ眠れる睡眠薬をご紹介します。

眠りの悩みを抱えている方は多くいらっしゃいます。一日が終わり、疲れているのに眠れないのはとてもつらいですね。
不眠の原因は人それぞれなので、効果のある睡眠薬にも当然、個人差があります。すぐに眠れる睡眠薬はすべての人にあてはまるということはないといっていいでしょう。
不眠の原因と睡眠薬についてのお話をします。不眠の原因は大きく分けて、心理的、精神医学的、身体的、薬や飲み物の影響、生活環境によるものなどがあります。

その中で服用している薬やアルコール、カフェインなどが原因の場合は、それらをやめたり控えたりすることで回復することがあります。
また生活環境によるものは、時差ボケや夜勤などが原因になりますが、生活のリズムを良くしたり、様々な工夫をすることが大切です。
心理的な原因は、深い悩みや身近な人の不幸など。精神医学的な原因は、抑うつや不安神経症、うつ病などがあります。

身体的な原因は、外傷などの痛みや湿疹などのかゆみ、花粉症、喘息や頻尿などがあります。
人それぞれに違う原因があり、また体質や薬との相性があるのでどんな薬が良く効くのか、すぐに眠れる薬とはどんなものなのかは、一概には言えず判断できないことです。
睡眠薬にはいくつかのタイプがあります。すぐに効くことを重視するとしたら超短時間作用型が良いでしょう。飲んでから30分以内に効果があらわれるので、
寝つきが悪い入眠障害の方に適しています。薬剤としてゾルピデムやトリアゾラムなどがあり、軽い不眠症の方が飲むという印象の薬です。

すぐ眠れる睡眠薬

すぐ眠れる睡眠薬

これは、3~4時間位で効果がなくなってしまうので、途中で目を覚ましてしまう方などには向いていないといえます。すぐに眠れるという意味では、超短時間作用型が良いとですね。
近年、最も処方されているのはベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系があります。20種類ほどありますが、その強さには大きな差はないといわれています。
それぞれの薬の効果の出る時間などが違うので、短時間型、中時間型、長時間型など、その方の不眠のタイプに合わせた薬を飲むことが、適切で効果があらわれます。

このように不眠の原因は人それぞれですし、その症状も様々です。医師に相談して試しながら、自分にあった薬を見つけることが大切です。
不眠のなかには睡眠薬ではない薬に効果があらわれることもあります。痛みが原因の場合の痛み止めや、うつ病や神経症が原因の場合の安定剤や抗うつ薬などがあります。