睡眠薬の致死量とは?

眠りたいけれど眠れない、そんな時に利用するのが睡眠薬です。様々な種類の睡眠薬は処方されており、自分の症状にあった薬を処方してもらうことができます。。。

眠りたいけれど眠れない、そんな時に利用するのが睡眠薬です。様々な種類の睡眠薬は処方されており、自分の症状にあった薬を処方してもらうことができます。
薬を正しく利用できれば睡眠を取れるようになります。ただ、心配なのが飲みすぎにより効果がなくなって大量に飲みたいという人が死んでしまうのではないか、ということがあげられます。
結論から言えば、現在の薬では致死量を飲んで死んでしまう可能性はありますが、死亡する確率は極めて低いと考えられています。

ドラマでよく見る睡眠薬大量摂取の死。致死量はあるのでしょうか?

ドラマでよく見る睡眠薬大量摂取の死。致死量はあるのでしょうか?

大量に飲んで自殺というイメージのある薬ですが、これは過去に飲まれていたものと現在処方されているタイプが違うためです。
過去に飲まれていたタイプのものは、大量に飲むと命に関わることもありましたが、現在は致死量を飲んでも命を落とす頃はないと考えられています。
どれだけ飲んでも死ぬことはなく、最近では大量に飲むと吐く成分が含まれるようになっているため、仮に死のうと思って飲んでも死ぬほどの量を飲むことは難しいとされているため致死量はないといえます。

病院で処方されているものも飲んでも致死量には至りませんが、市販されているものはなおさら死ぬ可能性は低いです。
ただし、ほしい分だけ手に入ってしまい、多量に飲むことができます。しかし、死ぬことはないため飲めば飲むほど苦しいと思います。どんなに飲んだとしても死には至りませんが、問題のなのは多量に飲んだ後の後遺症です。
後遺症としてよくあげられるのが、手足が思うように動かせなくなったり、記憶ができない、言葉が話せなくなるなど地方などの症状が出てくる可能性があります。

睡眠薬の致死量

睡眠薬の致死量

他にも、飲んだ後には薬を出すために胃洗浄を行ったり、多量の入院費がかかってしまうなどの負担もあります。
つまり、睡眠薬を死ぬのに使おうと思って多量に飲んでもも死ぬに死ねずに後遺症が出てきてしまい、本人や家族に重い負担がかかるようになってしまうというケースが考えられるのです。
眠るためには、睡眠薬を用法容量にしたがって飲みながら、就寝起床時間を一定にしたり、自分にとって最適な睡眠時間を探すようにしましょう。

日中どうしても眠い時には午後四時前までに30〜60分程度の昼寝を行うようにする、太陽光を浴びて体内どけを調節するなどの内側からのケアをしていきます。
また、肉体的疲労をすることで質の良い睡眠につながるため軽く運動をする、ストレス解消や寝る前にリラックス出来る工夫をするなどが大切です。